スタッフ紹介

とじる

藤見 聡
救急診療科主任部長
高度救命センター長
出身:大阪府
出身大学:弘前大学
卒業年度:平成3年
専門分野:救急医学
外傷外科学/腹部救急外科
資格:日本救急医学会評議員
日本外科学会専門医/指導医
日本外傷学会評議員
日本臨床救急医学会評議員
日本中毒学会評議員
統括DMAT隊員
JATECインストラクター
ATOMインストラクター
医学博士
大阪大学医学部臨床教授


救急診療科の部長になって10年経ちました。お医者さんとして患者さんを診察することよりも、救急医として消防、救急医療システム行政、災害訓練、学会などの仕事が多くなってきています。出されたものは残さず食べるのがモットーです。 チーム医療が好きなので救急を選びました。年に数度、患者さんがこれでもか、というくらい重なってやってくることがあります。みんなのテンションが上がり、力を合わせて乗り切ろう、という熱気が湧くお祭りが大好きです。 医師、看護師、コメディカルの人たちと"そういえば、救急医療崩壊といわれた時代があったよねぇー"と詰め所でお菓子を食べながら言える様な体制を作るのがユメです。

とじる

ちゅうじょう大.jpg

中條 悟
副部長
出身:大阪府
出身大学:京都府立医科大学
卒業年度:平成12年
専門分野:救急医学
小児外科学
外科学
資格:日本救急医学会専門医
日本外科学会専門医


小児医療センター救急部門の立ち上げに尽力させていただきます。よろしくお願いいたします。

とじる

松田 宏樹
医長
出身:愛媛県松山市
出身大学:広島大学
卒業年度:平成15年
専門分野:救急医学
災害医学
資格:日本救急医学会専門医
社会医学系指導医
統括DMAT隊員/インストラクター
PhDLSインストラクター
MCLSインストラクター


我々、救急医は外傷にせよ、疾病にせよ予期せぬタイミングで患者様と対峙することになります。重症病態を扱う救命救急センターにおいて、大切な家族、友人との別れもできないまま、救命が叶わなかった患者様も少なくありません。こうした出来事を「何とかできないか」という想いで救急医療を志しました。特に外傷診療においては時間との戦いを科せられ、刻一刻と変化する病態に対して即応する能力が要求されます。スタッフ個々の力が集約し、チーム医療を実感できるこの外傷初期診療に充実感を感じております。このようなチカラを養うことにおいて、当センターほど最適な環境はないと思います。また、臨床研究においても経験豊かな上司の指導のもとで、常に「新しいもの」を追求する目を養うことができます。その一方、亜急性期の患者様を継続して診療できる環境にあることで、救命だけが救急医療ではないということを認識するようになりました。患者様の戦いは、救命医療だけで完結しません。その後の社会復帰までこそ患者様の「Goal」です。それに少しでも助力できればと、診療にあたっております。

とじる

山川大.jpg

山川 一馬
医長
出身:滋賀県
出身大学:北海道大学
卒業年度:平成15年
資格:日本救急医学会専門医
日本外科学会専門医
日本外傷学会専門医
大型二種免許・けん引免許
医学博士


一緒に外傷診療、救急診療、そして学術を楽しみませんか?当センターにはみなさまに提供できる魅力的な教育プログラムがあります。日々、成長する自分を実感していただけます!ご連絡お待ちしています。

とじる

中本 直樹
診療主任
出身:奈良県
出身大学:大阪大学
卒業年度:平成18年
専門分野:救急医学
Acute Care Surgery
資格:日本救急医学会専門医
日本外科学会専門医
日本DMAT隊員


初期臨床研修終了後、外科研修を3年間行い、2011年度より当センターに赴任し、救急に専従しております。扱う疾患は多彩で、かつ重症の方が多いのが当センターの特徴です。いろいろな方が搬送されますので、固定観念にとらわれない柔軟な発想が日々の診療で求められますが、みんなで毎日カンファレンスしながら個々にあった診療を考え進めていくのは救急ならではでないかと思います。将来腕利きの外傷外科医になるべく日々研鑽中です。

とじる

きのした.jpg

木下 喬弘
医員
出身:兵庫県
出身大学:大阪大学
卒業年度:平成22年
専門分野:救急医学
脳神経外科学
災害医学
資格:日本救急医学会専門医
ICLSインストラクター
日本DMAT隊員


日本発の新たな外傷初期診療システムを世界に広めるべく、日夜臨床研究・論文作成に取り組む毎日です。臨床では2年間の脳神経外科研修のキャリアを活かし、重症頭部外傷治療や体幹外傷を合併した頭部外傷診療を得意としています。また、初期研修医と一緒に米国から救急医を招聘する教育プログラムに携わり、英語もメキメキ上達中!?若手救急医のみなさん、豊富な臨床経験、的確な研究指導、医学英語学習までできる最高の研修施設ですので、是非一緒に働きましょう!

とじる

なべ大.jpg 渡邊 篤
医員
出身:大阪府
出身大学:神戸大学
卒業年度:平成24年
専門分野:救急医学
外傷外科学
Interventional Radiology
資格:日本DMAT隊員
JPTECインストラクター


初期臨床研修終了後、救急診療科で1年間レンジデントとして研修し、救急の基礎を学びました。その後、2年間の外科研修を経て、2017年度より再度当科に赴任しました。Hybrid ERを用いた最先端の外傷診療や、一般外科では管理が難しい急性腹症など、様々な重症症例に日々奮闘しております。今後は、腕利きのAcute Care Surgeonとなるべく日々研鑽に励みながら、Hybrid ERを世に広める活動に邁進していきます。

とじる

よしむら大.jpg 吉村 旬平
医員
出身:大阪府
出身大学:大阪大学
卒業年度:平成24年
専門分野:救急医学
感染制御学
Acute Care Surgery
資格:日本外科学会専門医
日本DMAT隊員


堺市立総合医療センターでの2年間の外科研修を終えて、当センターに戻って参りました。外科で学んだ知識と技術を活かし、一人でも多くの患者さんを救えるよう勉強する毎日です。また、研究に関しても当センターの豊富な症例を基に、感染症診療におけるグラム染色の有用性を世界に発信するべく、奮闘しています。豊富な症例経験と、質の高い研究ができる当センターで一緒に働く仲間をお待ちしています。

とじる

こだて大.jpg

小舘 旭
医員
出身:北海道
出身大学:北海道大学
卒業年度:平成25年
専門分野:救急医学
集中治療医学
資格:JATECプロバイダー


北海道から海を超えてきました、ミルキーをこよなく愛する救急医です。外傷を中心に勉強させていただいています。日々、大阪の異文化に困惑していますが外国に来た気分で日々の生活を過ごしています。当救命センターでは本当に様々な症例に巡り合い、日々勉強させていただいております。

とじる

うらべ大.jpg 占部 翔一郎
医員
出身:兵庫県
出身大学:福井大学
卒業年度:平成27年
専門分野:救急医学
資格:JATECプロバイダー
JPTECプロバイダー


大阪大学医学部附属病院で初期研修し、3年目より当センターの救急診療科レジデントとして勤務しています。多発外傷、敗血症、中毒など様々な疾患を日々経験し、特に外傷症例では開胸術、開腹術、TAE、穿頭術などの治療を当科で施行しており、レジデントでもその治療に参加することができます。また毎日のカンファレンスや定期開催される重症外傷症例検討会があるので日々の診療を科の全員で共有し振り返ることができ、その際は厳しくも暖かい上級医の指導を受けることができます。日々一流の救急医から指導を受けられることが当センターでのレジデント生活における最大の魅力かもしれません。来年からはサブスペシャリティーとして外科を専攻する予定です。

とじる

林大.jpg

林 元久
医員
出身:兵庫県
出身大学:藤田保健衛生大学
卒業年度:平成27年
専門分野:救急医学
資格:大阪DMAT隊員
JPTECプロバイダー


初期研修から当センターで研修し、現在救急診療科レジデントとして勤務しております。救急診療科では外傷、敗血症をはじめとして多岐にわたる疾患を経験することができ、頼れる指導医陣のもと刺激的な日々を過ごしております。当センターでは学術活動にも力を注いでおり、私自身も指導医のサポートのもと海外での学会発表なども経験することができ、非常に有意義なレジデント生活を送っております。今後はサブスペシャリティとして脳神経外科を専攻予定です。

藤見 聡
ちゅうじょう小.jpg
中條 悟
松田 宏樹
山川小.jpg
山川 一馬
中本 直樹
図1.jpg
木下 喬弘
nabesyo.jpg
渡邊 篤
よしむら小.jpg
吉村 旬平
こだて小.jpg
小舘 旭
うらべ小.jpg
占部 翔一郎
林小.jpg
林 元久

非常勤医師

とじる

木口 雄之
所属:京都大学環境安全保健機構健康管理部門/附属健康科学センター特定助教
出身:大阪府
出身大学:島根医科大学(現 島根大学)
卒業年度:平成16年
専門分野:救急医学
外傷外科学/腹部救急外科
災害医学
資格:日本救急医学会専門医
日本DMAT隊員/インストラクター
JPTECインストラクター
医学博士


学生の頃に目の前で人が倒れた時、どんな患者様にも対応できる医師になりたいと思い、大阪大学 高度救命救急センターに入局しました。2年間長野県で外科研修に励んだ後、平成21年に当センターに赴任しました。当センターは本当に様々な症例に出会え、常に新しい発見があり、日々勉強させていただいております。特に敗血症に興味を持ち、藤見部長、中森先生のもと臨床研究に励んでいます。また、基幹災害拠点病院の一員として日本DMAT研修、JPTEC等にも参加しております。良き先輩、後輩に恵まれ充実した毎日を送っております。

とじる

IMGA0109min.JPG 中堀 泰賢
医長
出身:北海道
出身大学:浜松医科大学
卒業年度:平成15年
専門分野:救急医学
整形外科学
資格:日本救急医学会専門医
大阪DMAT隊員
2018年現在ハーバード大学外科学教室留学中


外科研修2年を終えたのち、H18年6月~H20年3月まで府立急性期総合医療センターに勤務していました。この間に豊富な症例と熱心な上級医の先生の指導により育てていただき、今の私の医者としての基礎ができたと思っています。今回、阪大で3年、星ヶ丘厚生年金病院での整形外科研修2年を経ましてH25年4月から救急医として府立に帰ってきました。懐かしく新しいこの病院で新たなスタートが切れることを大変うれしく思い感謝しています。Preventable deathは勿論、Preventasble disabilityもゼロにするという意気込みでやっていきたいと思います。

木口 雄之
nakahori_2.JPG
中堀 泰賢