ICLSとは

ICLSといわれてピンとこない人も、BLS、ACLSといわれれば解る人は多いと思います。Immediate Cardiac Life Supportの略で、心肺蘇生の講習会のことです。毎年2回、春と秋に院内で講習会を行っており、春は新研修医が対象、秋は看護師さんを対象にしています。 ICLSについては、詳しくはこちら↓
http://www.icls-web.com/index.html

当院では、CPRコールという院内の全館放送がかかります。それを聞いた医者達が先を争うように現場へ駆けつけるのですが、そこは心臓内科の外来診察室であったり、一般病棟のトイレであったりします。院内の心肺停止現場では、このICLS講習会で学んだ内容を実践しなければならないのです。もちろん、救命救急センターに心肺停止患者さんが運ばれてきた場合には、よりシステマティックに心肺蘇生を施しています。

img_icls_01.jpg
2011年4月、新研修医対象のICLS講習会でデモンストレーションを行う、救命救急センターの岩崎看護師