取り組み一覧

IVR-CT
究極の救急外来システムが2011年8月いよいよ始動します
敗血症
豊富な症例に学び、多数の臨床研究を行っています
急性期リハビリテーション
救命から社会復帰まで!新自己完結型救命センターを目指しています
脳低温療法
積極的に脳低温療法を行い、その効果、適応を追及しています
VAC療法
VAC療法に関しては、症例数日本一の救命救急センターです
頸部壊死性筋膜炎
経皮的カテーテルドレナージを積極的に行っています
頭部外傷後高次脳機能障害
Diffusion Tensol Imagingを用い、高次脳機能障害の画像評価にいどんでいます
JATEC
外傷診療のABCDEの普及に努めています
JPTEC
病院前救護をしらずして、救命あらず
ICLS
全病院職員を対象に、定期的に心肺蘇生講習を実施しています
NST回診
超早期からの経腸栄養、さらに疾患による栄養剤の使い分けも行っています
嚥下回診
正確な嚥下機能評価に基づいた、嚥下訓練を行っています
RST回診
個々の症例に最適な人工呼吸管理を追及しています
高次脳機能回診
高次脳機能障害の評価、リハビリテーションの効果判定を定期的に行っています
治験
敗血症の新たな治療薬が登場する事を夢見て24時間体制で治験に取り組んでいます