高度救命救急センターの構成

当院の高度救命救急センターは30床で構成されています。我々救急診療科は、北1号館1階に18床を展開しております。常時10台以上の人工呼吸器が稼働しています。また北1号館3階のCCUには6床あり、心臓内科、心臓外科が診療を担当しています。同じく北1号館3階のSCUにも6床あり、神経内科、脳神経外科が診療を担当しています。

救急診療科は、9階西病棟に20床の一般病床を有しています。一般病床とは名ばかりで、人工呼吸中の患者様、広範囲熱傷の患者様、気管切開後の患者様などが多数入院されています。9階西救急病棟以外にも、患者様の状況に応じて、小児科病棟、精神科病棟、リハビリ病棟等に転床していただき、治療を継続しています。