BGAN Explorer700

2012年4月14日

BGAN Explorer700のアンテナ設置工事を行いました。

explorer.jpg

衛星電話を使用する際、電波をひろうためには、南側が見渡せる屋外に出る必要があります。震災時に災害対策本部の設置を予定している救命救急センター内カンファレンスルームも、災害棟大会議室も残念ながら窓すらありません。そこで、BGAN explorer700のアンテナを災害棟屋上に設置し、本体を階下の3SPidersサーバー室に設置しました。

explorer本体.jpg

モジューラーケーブル2本を、2か所の災害対策本部設置予定場所にひき、電話機と接続しました。会議室とは、LANケーブルでも接続しました。

explorer2.jpg

もちろん、BGANを持ち出す際のためのアンテナも準備しております。

explorer3.jpg

衛星電話を購入する際、どこで使うのか、どのような通信に使うのかを検討しました。近隣災害ではリハビリ棟大会議室で使う。遠隔地の災害では救急カンファレンスで使う。DMAT派遣時には持ち出すこともある。当初は、3台購入する必要があるのではとの意見がありました。しかし維持費も大変です。そこどこのようなシステムに落ち着きました。