可搬型3SPiders

2012年4月15日

1年半がかりで進めてきた、3SPiders projectも本日で第一期計画が完了しました。
本日は、可搬型3SPidersと、昨年度末納入されたDMAT carの接続を行いました。DMAT carは、東京都が10カ所の拠点病院に昨年度導入したものと同型です。大阪府では、基幹災害医療センターである当院に導入されました。DMAT carには、衛星を自動追尾するBGAN explorer 727が搭載されています。

BGANアンテナ.jpg

当院が進めてきた可搬型3SPiders計画にはぴったりの装備です。3SPiders計画では、可搬型サーバーは、データ通信カードおよびBGAN explorer700と接続する計画でした。幸いこのような高度な通信能を有したDr Carを提供していただきましたので、Dr Car内で3SPidersサーバーと接続することとしました。

ポータブル本体.jpg

車内に設置したポータブル3SPidersサーバーです。列車事故のような、通信インフラが機能しているような災害では、データ通信カードで当院のメインサーバーにデータが転送されます。地震のような、通信インフラが使えない状況では、BGAN経由で、接続する設定になっています。

アクセスポイント.jpg

屋外用のアクセスポイントを2台有しており、Dr Carを中心に100m程度の範囲を3SPiders WiFi環境にすることが出来ます。この範囲内でスマートフォンを用いて収集した患者情報をデータベース化します。Dr Car内では、リアルタイムに状況の分析を可能とします。
(文責:中森靖)