大阪国際空港航空機事故対策部分訓練

2017年10月12日

本日、大阪国際空港にて航空機事故対策部分訓練が行われました。


この訓練は、毎年大阪国際空港にて実施している訓練です。


今年は、航空機が乱気流に巻き込まれたとういう想定のもと、空港設置者、警察、消防、航空会社、医療機関など21機関100名が参加して訓練を行いました。


DMATと他機関それぞれで必要な情報が異なり、今後の連携に向けて非常に有用な訓練となりました。


itami10120.jpg

itami10121.jpg