大規模地震時医療活動訓練~大阪府DMAT調整本部~

2017年7月29日

本日、内閣府主催の平成29年度大規模地震時医療活動訓練が大阪府、兵庫県、和歌山県、三重県を被災県と想定し実施されました。


全国から車両や、航空機で集まったDMAT(大阪府には約120隊)が各医療圏やSCU(臨時医療搬送拠点)に分配され活動しました。


大阪府庁には、災害対策本部ならびに災害医療本部が設置され、我々DMAT調整本部のみならず、航空機の搬送調整を行う航空運用調整班、精神医療を管轄するDPATや、小児周産期部門、消防、自衛隊、警察など各団体のリエゾンが参集し、活動を行いました。
また、大阪府職員の方も医療対策課のみならず多数参加され、大阪府としての意識の高さを実感しました。

災害対策本部2.jpg


医療本部.jpg


航空運用調整班2.jpg

DMAT調整本部では、病院の被災状況を基に、DMATの派遣調整や、搬送手段の確保、病院継続の為の燃料や物資などを、大阪府と協力しながら調整を行いました。

DMAT調整本部1.jpg

以前は医療に係る殆どの内容にDMATが介入していました。しかし、DMATだからといって医療分野全てにおいて詳しいとは言い難く、調整に悩む部分も多く存在しました。DPATや小児周産期部門などの医療本部内で活動するようになった為、専門とする部門に依頼することができ、円滑な調整を行えるようになりました。

その一方、各部門で行った調整内容の情報共有をどのようにするのかなど、課題が残りました。

小児周産期&日赤.jpg


DPAT1.jpg


消防729.jpg

今後も災害訓練等を通して、横の連携を強化していきたいと思います。